中央区のマンション売買事情を解説

東京都中央区には、現在多くのマンションが出来ています。今後も選手村ができますが、そこも多くの住宅ができることが想定されております。従って現在東京都の中でもトップを争うぐらい人口が増えている区ともいえるでしょう。そして、今後BRTなどが整備されることが想定されております。晴海などは今までは交通の不便な地域でしたが今後はこの交通が整備されることによって市場の価格も上がっていくことが想定されております。また、今後人口が増えてきますので交通以外のものも徐々に増えてくるでしょう。現在は東京に近いところにありながら不便な地域が多いところですが、交通がしっかりすれば東京の真ん中に近いというメリットを最大限に生かせるようになりますので、住みやすい場所になるといえるでしょう。

中央区の新築マンションについて

東京都中央区の新築マンションが作られている場所は、現在はやはり晴海のことを考える必要があります。現在もさらに一つが着工中ですが、この3年の間に1000戸級のものが3つ立ちました。それだけで人口が10000人ほど増えた計算にもなります。現在は、この3つのものの交通はとてもいいとは言えません。それぞれシャトルバスが駅まで出ていることがそれを表しているともいえるでしょう。ただ、今後このマンションの前にBRTという交通ができることが計画されております。BRTはバスなのですが、定時運行をするためにバス専用レーンを設けて走るものになります。普通のバスとは違い連結したりもしますので、多くの人を運ぶことができるように想定されております。今後このBRTがどのようにできるかで全体の市場に対しても影響を与えるでしょう。

BRTが住宅市場に対する影響度について

現在、晴海にある住宅は基本的には歩いて10分近くかかるものばかりになります。すべて橋を超える必要があります。それがこの定時運行が行われるバスが動くことによって大きく状況が変わることになります。晴海2丁目にあるものたちにとっては今まで歩いて11分~13分程度かかるところでしたが歩いて1分のところに交通ができることになります。交通の近くにできるものと駅から離れているものについては市場価値について大きな差がでます。それが急に近くなることによって資産価値が大きく影響することもあるでしょう。現在はまだまだ不便な場所ですが、将来のことを想定してこのへんの住宅を買うのも一つの手といえるでしょう。また、選手村も将来的には住宅になります。そこに対してもBRTなどによって交通の便がよくなるので将来的には市場価値が上がることが想定されます。